企業が再エネ100%を達成するメリットとその理由

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

皆様こんにちは。

今回は「太陽光発電の事故報告義務化」についてご紹介させていただきます。

電気関係報告規則が2021年4月1日に改正され、小出力発電設備のうち、
10kW以上50kW未満の太陽電池発電設備にも、事故報告が義務化されました。

もし、弊社で設置されたお客様の設備で事故が起きた際には、すぐにご相談ください。

 
【報告対象】
下記の4項目の事故が発生した場合に報告する必要があります。

 ①感電事故  
漏電や接触による感電などを原因として人が死傷した事故は報告の義務があります。
ちなみに、死亡または病院や診療所に入院した場合のみが死傷に該当します。
設備の破損や誤操作に起因する死傷事故も、漏電や感電による死傷事故と
同様に報告しなければなりません。

 ②電気火災
電気火災事故が発生した場合も、事故報告義務の対象です。
報告しなければならない火災事故とは、電気に関するトラブルを原因とするものに限られます。
たとえば、漏電など、電気的な異常によって発生した発熱や発火です。
太陽光発電所(電気工作物)が半焼以上の場合、報告が義務とされています。

 ③他者への損害 
太陽光発電設備の破損や操作員の過失などに起因して、第三者の物件に
被害を与えた事故が、他物件への損傷事故に該当します。
損傷を定義する基準とされているのは「本来の機能を損なわせるなどの被害」です。
たとえば、太陽光発電設備の倒壊による土砂崩れが発生して道路をふさいで
しまった場合や、太陽電池モジュールが飛散して、近隣住宅のカーポートを
破壊してしまった場合などが、他物件への損傷事故となります。

 ④設備の破損 
破損事故とは、太陽光発電設備が破損した事故を意味します。
たとえば、太陽光発電設備の変形や損傷、火災などによって発電設備の
機能がダメージを受け、運転が停止するような事故です。
また、運転の停止をしなければならないほどの破損や、使用できなく
なったりする状態も、主要電気工作物の破損事故に含まれます。

 【報告のタイミング】
事故を覚知した時から「24時間以内に事故の概要(速報)」について、
「30日以内に事故の詳細(詳報)」について報告を行う必要があります。

 【報告先】
事故が発生した発電設備の設置の場所を管轄する産業保安監督部

 
詳しくはこちら<経済産業庁のサイト>
https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/detail/jikohoukoku.html

ありがとうございました。