必見!工場経営のポイント

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

工場経営に必須である「工場立地法」について、ご紹介します。

 

◆「工場立地法」とは?

工場立地法は「工場立地が、環境保全を図りつつ適正に行われるようにするため、工場立地に関する調査の実施、工場立地に関する準則の公表及びこれらに基づく勧告、命令等を行い、これらを通じて国民経済の健全な発展と国民の福祉に寄与すること」を目的とした法律です。

 

これは工場建設にあたっての基準が定められた法律で、工場敷地面積に対する生産施設に面積制限を課し、一定規模の緑地、環境施設の確保を義務づけています。端的に言うと、「工場敷地面積の中で、緑地・環境施設を一定以上確保しなければいけない」ということです。

 

また、以下のような業種・規模の工場に「工場立地法」が適用されます。

 

≪業種≫

水力発電所、地熱発電所及び太陽光発電所を除いた、製造業、電気供給業、ガス供給業及び熱供給業

≪規模≫

敷地面積 9,000㎡以上 又は 建築面積 3,000㎡以上

 

この法律では、上記の用件を満たした工場が対象範囲となりますが、それに加えて一定規模を超える工場を建設、または変更をしようとする際、工場が設置されている市町村に対する事前の届出が義務づけられています。

 

工場からこの届出を受けた都道府県・市町村は「緑地面積や生産施設面積の敷地面積に対する割合について準則(勧告する際の判断基準)に適合するか」を判断します。

 

都道府県及び市は、国が定める準則に代えて、地域の実情に応じ、準則を定める条例の制定が可能です。都道府県準則では「緑地および環境施設の面積率の基準」が、市町村準則では「緑地面積率の基準(企業立地促進法による場合のみ)」が定められています。

 

これら準則において、具体的な生産施設面積の割合と緑地面積・環境施設面積の割合が記載されています。

 

国は、生産施設面積の割合、緑地面積・環境施設面積の割合をそれぞれ以下のように設定しております。

 

≪生産施設面積の割合≫

生産施設:敷地の30404550556065%(業種によって左記いずれかに該当)

 

≪緑地面積・環境施設面積の割合≫

緑地:敷地の20%以上(敷地周辺に15%以上設置しなければならない)

環境施設:敷地の25%以上。

 

◆「工場立地法」対策方法について

新たに生産を拡大したい、もしくは既存の生産性の向上を図るうえで、生産施設の新設、増築は重要ですが、「工場立地法」はその障壁になります。

 

また、このような基準が出る前に建設した生産施設、施設面積の変動に際して今一度確認しなければならないという状況の方も少なくありません。しかし「自家消費型太陽光発電」を導入することで、そのような悩みを解決することは可能です。

 

工場立地法は2011年に発生した東日本大震災の影響を受けて、2012年に改正され、緑地に加えて「太陽光発電も環境施設のひとつとしてみなす」ことになりました。したがって、「工場立地法」対策をおこなう方法の一つに「太陽光発電」が加わりました。

 

緑地を導入することで得られるメリットは「景観が良い」など限られたメリットだけですが、「自家消費型太陽光発電」を導入することで得られるメリットは「優遇税制が活用できること」や「電気代削減できること」など、多岐にわたります。

 

皆さまも「自家消費型太陽光発電」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

本日もお読みいただきありがとうございました。